印刷会社の裏技

あなたが見ている本やちらし、印刷物はこんな裏技を使って印刷してます。
| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷会社の裏技トップ
印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp


【関連サイト】
印刷会社 恒信印刷
同人誌印刷 コーシン出版
一般総合印刷
同人誌印刷
印刷用語辞典
学生専門印刷サイト
印刷会社の社長ブログ

 ■データの黒ベタ




データで黒ベタを作る時のコツです。

カラーのイラスト等をデータで作るとき、大きな黒ベタを描く場合のパーセントの指定。

まず、オフセット印刷の場合、カラーはC(青)、M(赤)、Y(黄)、K(黒)の4色で構成されています。

絵の具で色を作るときと同じように緑でしたら青と黄が重なっています。

紫は赤と青、オレンジは赤と黄というように4色のうち何色かが重なりあっていろいろな色を出しています。

黒の場合はK(黒)だけでも黒ですし、全部の色が混ざっても黒になります。

人物の髪の毛は黒でも、黒の他に赤や青、黄も入っています。

色を分解して1色ずつ見るとわかります。

では本やちらしなど1ページのほとんどを黒にするデータを作る場合、どのような割合にしたらいいでしょうか。

黒の中に白く抜いた文字があるような原稿もですね。

この場合、黒だけでも黒になりますがちょっと薄っぺらい感じになります。

また、注意しなければならないのはあまり考えずに黒を指定すると、4色全てベタで入ってしまう場合があります。

C100%、M100%、Y100%、K100%ということです。

パソコンの画面上は黒だけの黒でも4色全て入った黒でも見分けがつきません。

4色全て100%入った黒を作ると実際印刷すると本当に真っ黒になります。

うまくいけば綺麗なのですが、ちょっと問題があります。


問題その一

紙にインクののる量が多いので汚れやすく裏移りしやすい。

問題その二

ベタの中に白く抜いた文字や線があると、紙にはのびちじみがあるので、わずかな加減でその文字がつぶれてしまう。

または白いはずなのにちょっとだけ赤や青が見えてしまう。

なので広い範囲を4色ベタの黒でつくることはオススメしません。

かといって黒1色だけの黒でもうすっぺらくなります。

ではどうする?

こういう場合、K(黒)100%+C(青)50%+M(赤)50%に指定してください。

こんな感じで。これで真っ黒になります。

50%が60%になってもそのくらいは問題ないです。

45%でもかまいません。

要するに黒ベタ+赤と青を混ぜる感じです。

こうすると黒だけのときのようにうすっぺらくならないですし、4色ベタの時のような問題もおさえられます。

これからデータを作られる方、この辺も注意いただけるといいと思います。




相互リンク大歓迎

【サイト名】:印刷会社の裏技
【アドレス】:http://print-waza.com/
【説明文(省略可)】:印刷会社の印刷裏技公開

相互リンクのお誘いはこちらへ → top@ko-sin.co.jp




| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2007 Ko-sin Printing All right reserved