印刷会社の裏技

あなたが見ている本やちらし、印刷物はこんな裏技を使って印刷してます。
| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷会社の裏技トップ
印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp


【関連サイト】
印刷会社 恒信印刷
同人誌印刷 コーシン出版
一般総合印刷
同人誌印刷
印刷用語辞典
学生専門印刷サイト
印刷会社の社長ブログ

 ■頼んだ数より多く納品




印刷を依頼すると「予備」といって、依頼した数より多く品物ができてくることがあります。

予備ははなぜつくのか。

印刷会社に印刷を依頼された方は特にわかると思います。

各社そうだと思いますが、オフセット印刷で印刷をすると予備がついてきます。

100冊発注すると5冊多く105冊とか。
(これは例なので必ず5冊ではありません)

1000冊作ると15冊位ついたり。

発注数より少し多くできるのが予備です。

これはなぜか。

オフセットで本を作るときは工程が長いので、どうしてもその工程で調整するための準備分が必要になります。

ですので、100部でも印刷するのは後工程のことを考えて110枚とか115枚とか刷ります。

その後製本の機械の調整で5枚使うと残りが本になって105部とか110部できます。

製本の場合なら調整とは、主に位置の加減です。

表紙をつけるときに左右や天地の位置、背の位置など適正なところにもっていきます。

1冊作ってみて位置を見て、曲がったりどちらかに寄っていたりすると紙の位置をずらしてもう1冊作ってみます。

一発で合うものもあれば調整に数冊必要なときもあります。

複雑な本ほど調整が必要なので印刷は多めに刷ります。

また、本が出来た後にキズがついたり何かの拍子に本がだめになってしまって発注数より1冊でも少ないと1冊つくらなければなりません。

オフセット印刷の場合、この1冊だけというのができないのです。

ですので、本が駄目になっても足りるように多めに作ります。

それが予備という形でお客様に納品されます。




相互リンク大歓迎

【サイト名】:印刷会社の裏技
【アドレス】:http://print-waza.com/
【説明文(省略可)】:印刷会社の印刷裏技公開

相互リンクのお誘いはこちらへ → top@ko-sin.co.jp




| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2007 Ko-sin Printing All right reserved