印刷会社の裏技

あなたが見ている本やちらし、印刷物はこんな裏技を使って印刷してます。
| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷会社の裏技トップ
印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp


【関連サイト】
印刷会社 恒信印刷
同人誌印刷 コーシン出版
一般総合印刷
同人誌印刷
印刷用語辞典
学生専門印刷サイト
印刷会社の社長ブログ

 ■がまん強い色




野外に貼ってあるポスターとかで色が落ちてしまって変色しているのを見たことありませんか?

太陽の光にあたっていると落ちてしまう色があります。

オフセット印刷の場合、インクの色を出している原料は「顔料」と言います。

この顔料の光に対するがまん強さですぐ色が落ちてしまうか、落ちないで残っているかが決まります。

普通のインクでポスターを刷って外に貼っておくと赤とか黄色の色がなくなって真っ青な顔になったりします。

今はなくなりましたが、昔は選挙ポスターとか顔が変色したのがよく貼ってありましたよね。

これを防ぐのには、光に対して強い(色落ちしにくい)顔料でできたインクを使います。

「超耐光」とか「ディスプレイ用」とかいわれるインクで、特別に光に強いインクです。

野外に貼ることがわかっている場合はこのインクを使います。


顔料の光に対する強さを表すのに「耐光性」という言葉を使います。

耐光性が強いとか弱いとか。

耐光性の強い代表が車に使っている塗料。

車は太陽の下で何年も日の光を浴びなければいけないので、そうとうがまん強い顔料です。

逆に耐光性が弱いのはいろいろありますが、たとえば蛍光色。

昔テストの時、教科書や参考書に引いたアンダーライン。

ピンクとかグリーンとかキレイなやつ。

外に置いとくとたぶん1日で色がなくなると思います。




相互リンク大歓迎

【サイト名】:印刷会社の裏技
【アドレス】:http://print-waza.com/
【説明文(省略可)】:印刷会社の印刷裏技公開

相互リンクのお誘いはこちらへ → top@ko-sin.co.jp




| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2007 Ko-sin Printing All right reserved