印刷会社の裏技

あなたが見ている本やちらし、印刷物はこんな裏技を使って印刷してます。
| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷会社の裏技トップ
印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp


【関連サイト】
印刷会社 恒信印刷
同人誌印刷 コーシン出版
一般総合印刷
同人誌印刷
印刷用語辞典
学生専門印刷サイト
印刷会社の社長ブログ

 ■英語と日本語の差




印刷会社にとって、英語と日本語ではある意味、大きな差があります。

原稿を作る段階〜印刷する版を作るのに、日本語特有のネックがあります。

それは簡単に言うと、「文字数の差」


文字には書体というのがあって、「明朝」とか「ゴシック」とかパソコンで文字を打つと色んな形の字が出てくると思います。

デザインや印刷業界では文字のことを「フォント」と呼んでいます。

かっこよく作るには色んな種類のフォントの中から、その雰囲気にあったものを選びます。


問題はここ。


英語の場合、26文字しかありません。

なので極端に言うとフォント1種類で26文字+記号など少々あればいいのです。

日本語の場合、ひらがな・カタカナ・漢字があるので1種類のフォントでも数百、数千の文字が必要になります。

買ったままのパソコンではかっこいい文字が入ってないので、後からフォントのソフトを買ってパソコンにインストールします。

もちろん1文字ずつ買うのではなくて、フォントパックになっていて、明朝・ゴシック・平成ゴシック・教科書体・・・・・・というセットで買うのですが、


このフォントが高い!


へたするとパソコン本体より高くなります。

本格的な印刷の出力用になると数百万円です。

フォントのソフトを作る時に日本語の場合、たくさんの文字をそろえなければならないので、ソフトの制作費がかかっているのだと思います。


街中のポスターとか看板とか、色んな種類の文字が使われていますが、文字の種類だけお金がかかっているのです。


結論。印刷業界にとって日本語はお金がかかります。




相互リンク大歓迎

【サイト名】:印刷会社の裏技
【アドレス】:http://print-waza.com/
【説明文(省略可)】:印刷会社の印刷裏技公開

相互リンクのお誘いはこちらへ → top@ko-sin.co.jp




| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2007 Ko-sin Printing All right reserved