印刷会社の裏技

あなたが見ている本やちらし、印刷物はこんな裏技を使って印刷してます。
| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

印刷会社の裏技トップ
印刷関連お役立ちサイト
リンク集
サイトマップ

【 管理運営 】
〒173−0004
東京都板橋区板橋
2−28−8コーシンビル
恒信印刷株式会社
TEL:03−3964−4511
FAX:03−3964−4569
top@ko-sin.co.jp


【関連サイト】
印刷会社 恒信印刷
同人誌印刷 コーシン出版
一般総合印刷
同人誌印刷
印刷用語辞典
学生専門印刷サイト
印刷会社の社長ブログ

 ■製造業の技術




以前の新聞記事。

「団塊の世代退職目前で、製造業の技術伝承を加速する」

ところが印刷関連の場合、

機械の進歩により、「職人技」がいらなくなってきている。

言い変えると、誰でも使えるように機械が進歩している。


もちろん、少し変わった事をやるときとか、トラブルの発生時などはベテランでないと分からないことがあるが、普通に刷るだけならいわゆる職人技がそれほどいらない。

印刷関連もコンピューター化が進み、機械の操作はタッチパネル。

色のデータを磁気カードに読み込ませ、印刷機に入れるとインクの調整ができてしまう。

逆にパソコンになれていない熟練の人だと操作が覚えられない。

原稿もパソコンで作ったデータが主流になってきているので、パソコンができれば製版も出力も誰でもできる。


アナログ原稿の時はかなりの熟練が必要だった。

作業する人による仕上がりの差も激しかった。

今は印刷全体の工程もずいぶん短縮されている。

このままいくと、コピー感覚で印刷ができてしまうかもしれない。


このような流れになると、簡単に誰でも同じようなものが作れるようになるので、印刷会社による差がなくなる。

差別化しにくい。

どこの会社でも、そこそこ良い品質のものが同じように出来る。

実際に本とかチラシ見ても、今そんなにひどいものないですよね。差が少ないです。

どこで差をつけるか?


昔は設備を増やす時には「品質向上」とか「工程短縮」の目的も多かったが、今は戦略、戦術、ターゲットなど運用面もよく意識しなければいけない。

どこを狙って、どんなサービスをするのか・・・

「製造業」の中に「サービス業」を付加しなければ。




相互リンク大歓迎

【サイト名】:印刷会社の裏技
【アドレス】:http://print-waza.com/
【説明文(省略可)】:印刷会社の印刷裏技公開

相互リンクのお誘いはこちらへ → top@ko-sin.co.jp




| 印刷会社の裏技トップページ | 印刷関連お役立ちサイト | リンク集 | サイトマップ |

〒173−0004 東京都板橋区板橋2−28−8コーシンビル
恒信印刷 株式会社
TEL:03-3964-4511   FAX:03-3964-4569  top@ko-sin.co.jp
Copyright(C) 2007 Ko-sin Printing All right reserved